Blog -ブログ-

「クロステイル~探偵教室~」#3 第3限 信用調査 現実的には「あり」「無し」なのか?現役の探偵学校校長が解説します。

クロステイル

 

「クロステイル~探偵教室~」#3 第3限 信用調査 現実的には「あり」「無し」なのか?現役の探偵学校校長が解説します。

現役の探偵学校校長がドラマを見て「あるある」「なしなし」を解説します。

私は

総合探偵社ガルエージェンシー新大阪・梅田キタ・大阪中央を経営
ガル探偵学校 大阪校の校長 を兼務しております。

ガルエージェンシーは全国に100を超える拠点があり、探偵業界最大でガル探偵学校も経営
探偵調査員の育成を目的としており、これまでに8,000名を超える卒業生がいます。

それでは解説をしていきます。

第3話 信用調査
<ドラマの概要>

(引用)
今回の講師、正田正一(森岡豊)は一見“普通”に見える男。
しかし正田はここ数日、匡(鈴鹿央士)ら生徒たちが気づかない内に接近・会話し、それぞれの実状を探っていた聞き込みのスペシャリストだった。
そのことに一様に驚く生徒たち。正田の授業テーマは聞き込み話法を利用した信用調査。結果次第では、対象者の人生を大きく左右するものだ。

「誤った信用調査をしたチームは、我が校から即退場していただきます」

相手に調査がバレた時点でもアウトとなる厳しい課題は、対象者となるジョーカー探偵社の採用試験に残った3人の中から、
経歴詐称をしている人物を1週間で突き止めるというもの。

匡のチームは藤巻(草川拓弥)と都賀(遊佐亮介)。だが藤巻は、コミュ症の都賀に聞き込みができるわけがないと、報告書の作成のみを指示。
しかし後日、都賀の調査が相手にバレて学校にクレームが入った。その相手とは、今回の対象者とは無関係の「一木」という男。

校名を傷つけるようなことがあれば処分を検討すると正田から言われても、都賀はその男との関係などを一切話さない。
不審を抱いた藤巻は都賀を調べると言い出し、何故か匡も朋香(堀田真由)も同行し、調査を続ける内に都賀の意外な過去が判明する。

同じ頃、再び一木からクレームが入り、都賀の退学が決定。それを受けて「最後の挨拶代 わりに」と都賀が語った衝撃の内容とは…。

都賀の処分に納得がいかない匡は校長(檀れい)に直談判。すると、処分を取り消して もいいと思える証拠を明後日までに集めるように言われる。

「できなければ、あなたも彼と一緒に辞めてもらいます!」

匡はできるだけ多くの証拠を集めるため朋香や純子(篠田麻里子)、野木(福山翔大) や丸川(伊藤正之)に協力を依頼し、調査を進めていく…。
果たして2つの課題は無事クリアできるのか?
(ここまで引用)

 

続きはこちらをご覧ください、クロステイル~探偵教室~

 

【ガル探偵学校ブログ】

探偵になりたい!ガルエージェンシーに就職したい!独立・開業を目指すなら、業界最大のガル探偵学校・大阪校へ!

 

ガル探偵学校 大阪校(梅田キタ)
0120-111-049(携帯電話からもOK)
調査結果を求めるなら、探偵業界最大手のガルエージェンシーへ!
探偵社ガルエージェンシー梅田キタ・新大阪・江坂
0120-33-8833(携帯電話からもOK)