Blog -ブログ-

探偵業界に関する「探偵あるある」を50個挙げてみましょう。

24275408

①秘密主義
探偵は情報を秘密に保持し、個人情報の取り扱いに慎重です。

②顧客の期待
顧客はしばしば探偵に対して高い期待を抱きます。

③長時間の待機
調査では長時間の待機が必要なことがあります。

④ノートとカメラ
ノートとカメラは常に持ち歩かれ、情報を記録します。

⑤夜間の作業
夜間の調査が多いため、探偵の仕事は不規則な勤務時間です。

⑥不測の事態
調査中に予測不能な状況に遭遇することがあります。

⑦ステークアウト
調査で車からのステークアウトが頻繁に行われます。

⑧観察力
探偵は環境や人物を細かく観察する能力が必要です。

⑨身分証明書
身分を証明する必要があることがよくあります。

⑩証拠の収集
証拠を集める作業が探偵の主要な仕事です。

⑪調査対象の探し出し
行方不明の人物を探すこともあります。

⑫インテリジェンス
情報収集と分析が鍵となります。

⑬顧客のストーリー
顧客からの情報は必ずしも正確ではないことがあります。

⑭変装
変装が必要な場面もあります。

⑮GPSトラッキング
GPSを使って調査対象を追跡することがあります。

⑯浮気調査
浮気調査の依頼が多いです。

⑰証言の録音
証言を録音することが許可される場合があります。

⑱法的知識
法律に詳しい必要があります。

⑲リサーチ
情報源を調査する時間がかかります。

⑳証拠の保管
証拠は慎重に保管されます。

㉑人探し
行方不明の人物を見つけることがあります。

㉒報告書
調査の結果は報告書にまとめられます。

㉓顧客の感情
顧客の感情に配慮する必要があります。

㉔法廷での証言
証言が必要な場合、法廷に立つこともあります。

㉕非合法な依頼
合法でない依頼を断ることがあります。

㉖調査にかかる時間
期間の長い調査もあります。

㉗運転
多くの時間が車の運転に費やされます。

㉘費用
調査には費用がかかります。

㉙人間関係の解明
人間関係の複雑な問題を解明することもあります。

㉚情報の信頼性
取得した情報の信頼性を確認する必要があります。

㉛法執行機関との連携
法執行機関と情報を共有することがあります。

㉜証言の録画
動画で証言を録画することもあります。

㉝調査の技術
最新の調査技術を継続的に学ぶ必要があります。

㉞証拠の調査
証拠の正当性を確認するために努力が必要です。

㉟GPSの設置
GPSデバイスを設置することもあります。

㊱違法行為の報告
違法な活動を見つけた場合、法執行機関に報告することがあります。

㊲労働条件
労働条件が厳しいこともあります。

㊳緊張感
調査中は緊張感が常にある状況です。

㊴社会的スキル
コミュニケーションスキルが必要です。

㊵身元調査
調査対象の身元を調べることがあります。

㊶目撃者
目撃者から情報を得ることがあります。

㊷許可とライセンス
探偵業は許可とライセンスが必要です。

㊸疑惑
顧客からの疑惑に対処することがあります。

㊹裁判所命令
裁判所からの命令に従うことが求められます。

㊺リスク
調査中にリスクを取ることもあります。

㊻鑑定
証拠の鑑定や解釈が必要な場合、専門家の協力が必要です。

㊼サーベイランス
監視カメラやGPSデバイスを使用してサーベイランスを行うことがあります。

㊽人間ドラマ
調査中に人間ドラマが展開することもあり、時には感情的になることも。

㊾過去の経験
過去の調査経験が問題解決に役立つことが多いです。

㊿社会の変化
社会の変化に適応する必要があり、新たな調査技術やトレンドを学び続けます。

24243647

これらの要素は、探偵業界において日常的に遭遇するものであり、探偵たちは専門的なスキルと倫理観を持って、依頼者のニーズに応えるために努力しています。

 

 

探偵になりたい!ガルエージェンシーに就職したい!独立・開業を目指すなら、業界最大のガル探偵学校・大阪校へ! ガル探偵学校 大阪校(梅田キタ)
0120-111-049(携帯電話からもOK)
調査結果を求めるなら、探偵業界最大手のガルエージェンシーへ!
探偵社ガルエージェンシー梅田キタ・新大阪・江坂
0120-33-8833(携帯電話からもOK)